IT

食の安全を確保!ISO22000で食のリスクを低下させる

専門家の力で取得を目指す

笑顔の男の人

はじめてisoを利用する場合、専門のコンサルを利用するのがおすすめです。コンサルなら、費用に応じてあらゆる支援を遂行してくれるので、比較的スムーズに必要な文書作成や監査対策をうてるのは間違いありません。

もっと読む

品質向上しているかどうか

困る男の人

ISO取得の取得を成功したらゴールではありません。むしろ、その後がスタートといえるでしょう。定期的に監査を開いて、ちゃんと品質向上に尽力しているかどうかを見られます。現状に満足せずにちゃんと品質向上を目指しましょう。

もっと読む

口に入れるものだからこそ

メンズ

我々が普段口にする食品は、常に安全なものでなくてはなりません。高品質な環境下で作られた食材なら、体に害をもたらすことがありません。もし、大腸菌やOー157みたいな人体に有害なものが少しでも混入していたら、最悪の場合購入者の中から死亡者を出してしまう可能性が浮上します。製造した食品で、もし有害な菌に侵されていることが発覚したら、最悪の場合法律的に罰せられてしまいます。単純に責任者の法的な罰則だけでは済みません。食品加工をした向上事態も信頼性を失ってしまい、大きく利益を損失してしまうのです。通常通りの運営もままらないほどの経営状態になるのを阻止、加工した食品で食中毒者や死亡者を出さないためにも、常に食品加工の現場を清潔に保たなければなりません。また、安全な食品加工を遂行できるように、ISO22000の資格取得を目指すのも最適です。国際規格であるISO22000の資格を取得しておけば、食にまつわるあらゆるリスクを回避出来るようになります。ISO22000の取得を目指すことによって、従業員同士の衛生観念も向上するので、常に食品加工の現場が清潔に保たれるのは間違いありません。加工場出入りの際にも、徹底した消毒殺菌を遂行してくれるようになるほど、作業スタッフの意識も高まりやすくなるでしょう。また取得後でも、従業員同士の意識が高まったままとなりやすいので、常に高品質な食品加工と、加工場の環境保全をしてくれます。食にまつわるリスクを低下したいと思ったら、ISO22000の取得は欠かせません。

専門家の力を利用

作業員

ISOの取得は、一応自社内でも問題なく出来ます。スピーディーに取得を目指したいなら、専門のコンサルティングに支援の依頼をするのがおすすめです。経験豊富な専門家の力を借りてしまえば。早くて1年弱で取得が実現できます。

もっと読む