品質向上しているかどうか|食の安全を確保!ISO22000で食のリスクを低下させる
婦人

食の安全を確保!ISO22000で食のリスクを低下させる

品質向上しているかどうか

困る男の人

国際規格であるISOの資格取得を成功したら、企業に多大な恩恵が受けられるイメージを抱いてしまいます。そのため、多くの企業では、取得を目指しているところもあるでしょう。しかし、ISOの取得成功がゴールではありません。取得に成功した後がスタートと言っていいでしょう。取得に成功して気を抜かずに、常に企業内で生じるリスクマネジメントや業務品質の向上を目指して日々精進するのが望ましいと言えるでしょう。

ISOの取得をした後は、どのようなことをするのかというと維持審査や更新審査というものです。いわゆるサーベイランスというもので、ちゃんと企業内での取り組みは健全に行われているかどうかを細かくチェックするためのものです。更新審査については、単純に新たなリスクマネジメントが生じた場合、どんな対策を構築していけばいいのかを報告するものです。なぜ、これらの審査を取得後に行なうのかというのには理由があります。

ISOには、継続的改善という考えが存在します。要するに、現状に満足せずに常により良い企業組織を構築していけるかどうかです。前回定めた課題と同じものを設定していないか、ちゃんと上段階のレベルの品質向上を遂行しているかどうかを細かくチェックしていかなければならないのです。ISOの取得は、1度で満足せずに、常に高い目標意識を持っているところに向いている資格と言っていいでしょう。取得後でも、ダラけずに企業内の品質向上のために尽力できるという自信があるなら、取得を目指すのがおすすめです。