婦人

食の安全を確保!ISO22000で食のリスクを低下させる

専門家の力を利用

作業員

一応、企業独自でISOの取得を目指せます。事細かに、オフィス内に存在する資料データの扱いから、業務品質向上を目指す上で必要なルール決めに至るまで幅広く構築しなければなりません。しかし、しっかりと社内の機密情報の扱いから業務品質のためのルール決めを行なっておかないと、後になって矛盾していると監査の人から突っ込まれる可能性があります。あるいは、せっかく定めたルールも社員から使い勝手が悪いというクレームが出てしまうこともありえます。そのようなことを未然に防ぐためにも、専用のコンサルティングを利用するのがおすすめといえるでしょう。コンサルティング利用によって、品質向上のためのルールや機密情報の扱い方を客観的に見てくれるので、監査のときに、矛盾していると突っ込まれるリスクが軽減されやすくなります。

コンサルティングに頼れば、比較的スピーディーにISOの取得が実現できます。なぜなら、コンサルティングはISOに関する専門的な知識を有しているからです。緻密に、どのようなことをすればいいのか、どんな感じの文書作成をすればいいのかを細かく指示してくれます。専門家の助力によって、ISOの取得が1年弱で完了してしまうのです。ちなみに、独自で動いた場合だと、早くて1年半近くはかかってしまう可能性があります。早く取得をしておきたいと思った場合には、専門のコンサルティングの力は必要不可欠と言っていいでしょう。料金帯やサービス内容をしっかりと把握した上で依頼をしましょう。